“肌目”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きめ94.1%
はだめ5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“肌目”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
加奈子は手を差し延べて空の肌目きめを一つかみ掴み取ってみる。絹ではない。水ではない。紙ではない。夢? 何か恐ろしいようだ。
豆腐買い (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
長政の感情が揺れた。どこやら信長に似ているおもざし、肌目きめのよいうなじから横顔の面長な線も、織田家の血液にある特質だった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
手がよく肥えて肌目はだめの細かくて白いのをながめているうちに、見がたい物を見た満足よりも物思いが急にふえたような気が源氏にした。
源氏物語:24 胡蝶 (新字新仮名) / 紫式部(著)