“煩惱”の読み方と例文
新字:煩悩
読み方割合
ぼんなう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折角樂しい昨日は夢、せつない今日かと、つい煩惱じるが、世の戀人の身の上をで雲めが思ふであらう。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
マーキュ いや、してよう。……(呪文の口眞似にて)ローミオーよ! 浮氣よ! 狂人よ! 煩惱よ! 戀人よ! 溜息姿にて出現めされ。
櫻町殿面影くまでべん、良人所爲のをさなきもさじ、百八煩惱からえばこそ、殊更かはさん、かばえばもえよとて
軒もる月 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)