“黒眸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くろひとみ33.3%
くろめ33.3%
こくぼう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黒眸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
柔嫩やはらか黒眸くろひとみの底には深い憂愁うれひのひかりを帯びて、頬もあか泣腫なきはれたやうに見える。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
あをざめて死んだやうな女の顔付と、悲哀かなしみあふれた黒眸くろひとみとは——たとひ黄昏時たそがれどきほのかな光のなかにも——直に丑松の眼に映る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
彼女は、決して、人に求めるところがあって、こびを呈したりして泣いたりなどするようなことはなかったけれど、どうかした話のまわり合わせから身の薄命を省みて、ふと涙ぐむ時など、じっと黙っていて、その大きな黒眸くろめがちの眼が
黒髪 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
独り洋装したるは碧梧桐へきごとう氏にして眼鏡の裏に黒眸こくぼうを輝かせり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)