“織布”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょくふ66.7%
しよくふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“織布”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私に豆腐屋とうふや林太郎りんたろう織布しょくふ工場のツル——の三人だった。
花をうめる (新字新仮名) / 新美南吉(著)
呉用は命じて、城中の財宝、穀物、織布しょくふなどを取り出させ、これを罹災りさいの民と貧民にけてやり、また残余の物と軍需品は、馬や車輛に積んで、梁山泊へ持ち帰った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこで一瞬の間に、私の想像がすぐに奇怪なデサンの織布しよくふを織りあげる。
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)