“たばこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タバコ
語句割合
煙草72.9%
17.6%
烟草7.0%
0.5%
紙莨0.5%
巻莨0.3%
噛煙草0.2%
佗波古0.2%
巻煙草0.2%
烟艸0.2%
莨烟0.2%
鎭靜劑0.2%
香片0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私より女だけに、の暮し向きを、こまごまと気にしている姉は、自分から母に相談して学校をって、煙草専売局の女工になった。
戦争雑記 (新字新仮名) / 徳永直(著)
余は涙の出るほど有難い、早速受け取って、一本の葉巻を燻らせたが、是でも蘇生の想いがある、ナニ空腹も大した苦痛ではない。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
烟草ゆらし居たる週報主筆行徳秋香「渡部さん、恐れ入りますが、おにおみ下ださいませんか」「其れがい」「どうぞ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
彼れ居常他の嗜好なし、酒を飲まず、を吹かず、その烟を吹かざるは、彼が断管吟の詩に徴して知るべし。書画、文房、骨董、武器、一として彼の愛を経るものなし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
蟇の如く胡坐をかいた男は、紙莨の煙をゆるやかに吹いて、靜かに海を眺めて居る。凹んだ眼窩の底に陰翳のない眼が光つて、見るからに男らしい顏立の、年齡は二十六七でがなあらう。
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「ほほほ、こんな流刑なら生涯でもようござんすわ——あなた、巻莨召し上がれな」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
かの林羅山の如きも、既に煙癖があったと見えて、その文集の中に佗波古希施婁に関する文章が載っており、またその「莨菪文」の中に
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
神崎様が巻煙草の灰を掌にのせて、この灰が貴女には妙と見えませんかと聞くから、私は何でもないというと、だから貴女は駄目だ、そ宇宙の物、森羅万象、妙ならざるはなく
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
烟艸を薫ゆらせてとほる
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
この女には、船場と同じように自殺するような性格はない、と、左枝は、知らずに重ねてゆく、莨烟のなかでまったく途方に暮れてしまった。
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しばらく、この鎭靜劑み耽つてゐたが、やがて、彼女は、曲つた身體を起し、煙管を口からとると、ぢつと火を見つめたまゝ、極くゆつくりと云つた——
中国語では紅錫包というそのルビー・クイーンは香片としては大衆的な安煙草に属する。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)