“たばこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タバコ
語句割合
煙草73.1%
17.8%
烟草6.7%
紙莨0.5%
巻莨0.3%
0.3%
佗波古0.2%
噛煙草0.2%
巻煙草0.2%
烟艸0.2%
(他:3)0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その手紙は他の四通の手紙と同じ所からきたものだった。同じ筆蹟、同じ文体、同じ文字使い、同じ紙、同じ煙草たばこのにおい。
彼は口にパイプをくわえ、それをくゆらしていた。部屋の中にはもう一片のパンもなかったが、それでも煙草たばこだけはあった。
よく世間には、「まあ落付いて一服」と言ってたばこばかり吹かし、結局何もせずに落付きじまいになってしまう人もあります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
小野田は火鉢の傍へ来て、たばこをふかしはじめながら、まだ眠足ねむりたりないようなあかい目をお島の方へ向けた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
赤シャツに逢って用事を聞いてみると、大将例の琥珀のパイプで、きなくさ烟草たばこをふかしながら、こんな事を云った。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
或る日九郎右衛門は烟草たばこを飲みながら、りよの裁縫するのを見ていたが、不審らしい顔をして、烟管きせるを下に置いた。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
蟇の如く胡坐をかいた男は、紙莨たばこの煙をゆるやかに吹いて、靜かに海を眺めて居る。
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
蟇の如く胡坐をかいた男は、紙莨たばこの煙をゆるやかに吹いて、静かに海を眺めて居る。
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ポケットより巻莨たばこ取り出して大佐は点火しつ「閣下、た近日元老会議ださうで御座りまして、御苦労に存じます」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「ほほほ、こんな流刑しまながしなら生涯でもようござんすわ——あなた、巻莨たばこ召し上がれな」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
彼れ居常他の嗜好しこうなし、酒を飲まず、たばこを吹かず、その烟を吹かざるは、彼が断管吟の詩に徴して知るべし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
さて是より熊のはなし也、今一盃たまはるべしとてみづからつぎてしきりにのみこしより烟艸帒たばこいれをいだしてたばこのみなどするゆゑ
かの林羅山はやしらざんの如きも、既に煙癖があったと見えて、その文集の中に佗波古たばこ希施婁きせるに関する文章が載っており、またその「莨菪文ろうとうぶん」の中に、
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
奴等の噛煙草たばこが尽きたとなつたら、
奴等の噛煙草たばこが尽きたとなつたら、
ねエ朝田様! その時、神崎様が巻煙草たばこの灰を掌にのせて、この灰が貴女には妙と見えませんかと聞くから、私は何でもないというと、だから貴女は駄目だ、およそ宇宙の物、森羅万象、妙ならざるはなく、石も木もこの灰とても面白からざるはなし、それを左様そう思わないのは科学の神に帰依しないのだからだ、とか何とか、難事むずかしい事をべらべら何時いつまでも言うんですもの。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
烟艸たばこを薫ゆらせてとほる
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
この女には、船場と同じように自殺するような性格はない、と、左枝は、知らずに重ねてゆく、莨烟たばこのなかでまったく途方に暮れてしまった。
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しばらく、この鎭靜劑たばこみ耽つてゐたが、やがて、彼女は、曲つた身體を起し、煙管きせるを口からとると、ぢつと火を見つめたまゝ、極くゆつくりと云つた——
ルビー・クイーンの細口の煙草をのみながら百成は言った。中国語では紅錫包オンシポウというそのルビー・クイーンは香片たばことしては大衆的な安煙草に属する。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)