仮面かめん
五月も末になつてゐるのに、火鉢の欲しいほどの時候外れの寒さで、雨さへ終日降りつゞいた。 午過ぎから夜具を被つて横になつて、心を落着けようと努めてゐた馬越は、默してぢつとしてゐればゐるほど、頭の中の狂暴に堪へられなくなつた。其處等にある家具を …
作品に特徴的な語句
冷笑あざけり しつ 反抗むほん うち ぐわん つか はづ 迂闊うくわつ 夕餐ゆふめし 普通あたりまへ ちつ 今日けふ ともな 其邊そこいら 喋々てふてふ だい 平生ふだん 度外どはづ うれ いきどほ うち やさ 片端かたつぱし おびや 角力すまふ 雄々をを 一寸ちよつと 仰有おつしや からかさ 先日こなひだ 可笑をか 吃驚びつくり かつ いか ひと もつと 本體えたい こん 氣儘きまま とこし 狂人きちがひ さいな かど あらかじ しづく 零落おちぶ 齷齪あくそく 乞食こじき 他人ひと 他所よそ 何匁なんもんめ 何時いつ すぐ 價値ねうち 光景ありさま そな かぶ もた 助力たすけ 呆氣あつけ へい 夭死わかじに おご うち 寄席よせ 屡々しばしば あが 怨靈をんりやう 怪訝けげん 息子むすこ 愛想あいそ はばか 我儘わがまま 手頼たよ 打壞ぶちこは 扨置さてお こしら 明日あす 次手ついで 此方こちら 温順おとな あさ 焦々いらいら 煩悶はんもん 生命いのち 生活くらし 田舍ゐなか ちが つか あざ まこと