“旗本奴”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はたもとやっこ66.7%
はたもとやつこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“旗本奴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
旗本奴はたもとやっこ町奴まちやっこ、それと並び称された浪人組、衣裳も美々びびしく派手を極め、骨柄いずれも立派である。
二人町奴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
旗本奴はたもとやっこではない。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
旗本奴はたもとやつこ町奴まちやつこからの傳來の男立だが、幕末の侠客は博奕渡世になり、男を立てるたてないも、さうした繩張りの爭ひが主のやうだつた。
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)