“あおみどり”の漢字の書き方と例文
語句割合
碧緑100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、羽に碧緑あおみどりつや濃く、赤と黄のを飾って、腹に光のある虫だから、留った土がになって、磨いたように燦然さんぜんとする。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)