“追蒐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おっか56.0%
おいか32.0%
おっかけ4.0%
おッか4.0%
おツか4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なおまたパーリー・ゾン(第一の関門)において少なくとも四、五日も抑留されますから、後から追蒐けられるという一つの困難がある。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「何だか、それがわかるくらいなら間違やしない、こうしている間にも追蒐けて来るかも知れないから、早く隠して下さいよう」
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
若者等は刀を追蒐る、手塚は一生懸命に逃げたけれども逃切れずに、寒い時だが日比谷の濠の中へ飛込んでく助かった事もある。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
どっこいとポチが追蒐けて巫山戯かかる。蒼蠅いと言わぬばかりに、先の犬は歯をいて叱る。すると、ポチは驚いて耳を伏せて逃げて来る。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ちやんは野原横斷つて其後追蒐けてつて、丁度それが生垣きな兎穴りるのをました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)