“乳母車”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うばぐるま92.9%
おんば7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乳母車”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 映画1.3%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
木橋の、埃りは終日、沈黙し、ポストは終日赫々あかあかと、風車を付けた乳母車うばぐるま、いつも街上にとまつてゐた。
そのなかでも乳母車うばぐるまは、ちょうどこしがったおばあさんのように、愚痴ぐちばかりいっているのでした。
春さきの古物店 (新字新仮名) / 小川未明(著)
乳母車おんばを買わんならんな」
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)