“綸巾”の読み方と例文
読み方割合
りんきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すがたは、坐していても、身長ことにすぐれて見え、身には水色の鶴氅を着、頭には綸巾をいただき、その面は玉瑛のようだった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
綸巾をいただき羽扇をもって、常に三軍を指揮していたという諸葛孔明は、四輪車という物に乗って戦場を奔馳していたそうですが」
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いつもの綸巾ではなく、頭には華やかな簪冠をいただいている。衣はあくまで白く、佩剣珠金が夜目にも燦爛としていた。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)