“綸巻”の読み方と例文
読み方割合
いとまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これと同時に、右の手は無意識に自ら伸びて、座右の品匣(釣の小道具入)を引き寄せぬ。綸巻を取り出しぬ。
元日の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
小桶の水にけ置ける綸巻取り出し、そろそろ用意を始む。鈎は、四なれば、其の太さ燐寸の軸木ほどにて、丈け一寸に近く、屈曲の度は並の型より、懐狭く、ろひょっとこに近く、怪異なり。
大利根の大物釣 (新字新仮名) / 石井研堂(著)