“鋳鉄”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いもの40.0%
しゅてつ20.0%
ちゅうてつ20.0%
てつ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋳鉄”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
天水桶てんすいおけがあって——桶といっても上に乗っている手桶だけ木で、下の天水桶は鋳鉄いものが多かった。
「見た、何時いつか品川の帰りに、あすこの八幡様へ入ってみると、天水桶さ、あの拝殿の傍にある鋳鉄いものふちに、鵜がいて、ばさばさやってたのだ、ありゃあすこの池にいるだろうか」
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
大いなる山、大いなる空、千里をけ抜ける野分、八方を包む煙り、鋳鉄しゅてつ咽喉のんどからえて飛ぶたま——これらの前にはいかなる偉人も偉人として認められぬ。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
⦅待てよ、果してこのコローボチカという婆さんは、人文開化の涯しない段階の、それほど低いところに立っているのだろうか? 又この婆さんと、あの厳めしい壁に取りかこまれて、鋳鉄ちゅうてつの階段や、ピカピカ光る真鍮や、マホガニイや
鋳鉄てつ小板こざねがキラキラと閃めき、長劔が鞍にあたつて音を立てる。