“鋳造”の読み方と例文
旧字:鑄造
読み方(ふりがな)割合
ちゅうぞう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鋳造”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
カギはほんとうに一つしかなかったのですが、歯科医ですから、みや子に型をとらせて、合カギを鋳造ちゅうぞうするぐらい、わけのないことでした。
妻に失恋した男 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
いかにもたどたどしい鋳造ちゅうぞうの仕方のように見えていながら、どこにも硬さや不自由さの痕がない。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)