“水浅葱”のいろいろな読み方と例文
旧字:水淺葱
読み方割合
みずあさぎ84.6%
みづあさぎ15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも近間の山には雲の影もなく、空は水浅葱に澄んで、天狼星が水の落ちて来る左側の崖の上の雪田を掠めてかに光っている。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
月なき暗い夜に、が白く透く、島田髷と、ひさし髪と、一人は水浅葱のうちわを、一人は銀地の扇子を、胸に袖につかって通る。
露萩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
立枠模様の水浅葱、はでな単衣たれども
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
水浅葱の朝顔の花
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)