“鬱葱”の読み方と例文
読み方割合
うっそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鍋冠山だのという、二千五百米突以下の鬱葱たる山に名があって、奥常念一帯の三千米突を出入する大山脈に、無名の山が多いのは、下から仰ぎられないから
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
隣りに越知(今は越知町)という村があってそこに有名な横倉山というのがあり、森林の鬱葱たる山で従って珍しい植物が多いので度々登って採集した。これは私には大変に思い出の深い山です。
背後から呼ぶしい声に、医王山の半腹、樹木の鬱葱たる中をでて、ふと夜の明けたように、空み、気く、時しも夏のを、秋見る昼の月のく、前途遥なる高峰の上に日輪いだ高坂
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)