“うっそう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鬱蒼85.8%
欝蒼8.0%
欝葱3.5%
鬱葱2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その混凝土氏こと、山木勘九郎氏邸の前を通ると、鬱蒼たるの木立の奥に、青空の光りを含んだ八手の葉が重なり合って覗いている。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
左には谷川、右は見上げるばかりの欝蒼たる大森林、その山道を幾曲りした奥に、暗い森に囲まれた空別荘が淋しく物凄く荒れ果てて建っている。
白髪鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
雨中田植を見る 六月十六日午前五時に非常に雨の降る中をして出立して、欝葱たる林の坂道を下ること十三哩にしてリンタムに着きましてそこに宿ったです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
隣りに越知(今は越知町)という村があってそこに有名な横倉山というのがあり、森林の鬱葱たる山で従って珍しい植物が多いので度々登って採集した。これは私には大変に思い出の深い山です。