“此事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
このこと83.3%
これ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鞘師さやし曾呂利新左衛門そろりしんざゑもんといふ人が、此事このこといて、わたくしも一つやつて見たうござる、とふので
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
遺跡には灰有り、燒け木有り。コロボツクルは如何にして火をはつしたるか。余は此事このことを述べて後に煮燒の事に説き及ぼすべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
無論むろん大佐たいさげん異議ゐぎはさむものゝあらうはづく、つひ此事このこと確定くわくていしたが
けれどもうちかへつてべつ此事このことちゝにもはず、學校朋輩がくかうほうばいにもきませんでした。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
期を知るという事は、早き期を知り、遅き期を知り、のがるる期を知り、のがれざる期を知る、一流直通という極意あり、此事このこと品々しなじな口伝くでんなり。
巌流島 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
此事これのみにてもなみだ價値あたひはたしかなるに、よし山賤やまがつにせよ庭男にはをとこにせよ、れをひとくかるべきか
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
此事これは五十百把の論で、先ず之をたきゞ見做みなさんければならんよ、貴方の方にたきゞが五十把あると松五郎殿の方にはまきが一把もえから
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
たとい此事これが知れて私共の身に災難が起ったところがどうせ前世ぜんせ因縁いんねんあきらめなくちゃならん。こんなに商売人こそして居りますけれどもそういうむさい金を取ろうというような考えは持って居らないのでございます。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)