“金屬”のいろいろな読み方と例文
新字:金属
読み方割合
きんぞく75.0%
かね25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これらをてもこの時代人間一概野蠻人だとはいへない、たゞ金屬使用することをらなかつたといふにすぎないのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
全體金屬構成せられ、觀外塔上甲板兩舷側はいふもなく、舵機室發射室艇員居室等、すべて一種堅強なる裝甲をもつて保護されて
その誰なるやを見んとてを擧ぐればひとりの者みゆ、爐の中なる玻璃または金屬といふとも斯く光り 一三六—
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
聖なる門のよき強き金屬肘金肘壺の中にまはれるときにくらぶれば 一三三—一三五
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)