“じん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ジン
語句割合
32.9%
20.0%
11.9%
6.2%
5.2%
2.9%
2.4%
2.4%
2.4%
1.9%
1.4%
1.4%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
自分0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りのないことだが、念の爲に申上げよう、——湯島切通しに屋敷を持つてゐられる、三千五百石の直參、望月丹後といふぢや。
月野博士はロウエル教授へで 火星は水がない そこで運河へは火星が大仕掛給水ポンプで水をくばるといふのぢや
「二十九余町——まア、ざっと三十里でございまする。すると桑名のごへつきますまでには、約三日ののちとあいなります」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と天幕に入ると、提げて出た、卓子を引抱えたようなものではない、千の重さに堪えないに、大革鞄を持った胸が、吐呼吸を浪にく。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あの黒方と云う薫物、———と、丁子と、甲香と、白檀と、麝香とをり合わせて作った香の匂にそっくりなのであった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
下坐敷へは何處やらの工塲の一れ、たゝいて九かつぽれの大騷ぎに大方女子寄集まつて、の二小坐敷には結城とお二人限りなり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
連判状へでも名を書かれたら、千の功を一に欠き、それこそ日本が二派に別れ、大戦争になるんだからねえ
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それにピッタリ当てはまっているのだから、神尾喬之助、ったと見せて、狂ったどころか、内実は虎視眈々、今にも、長いて飛来しそう……。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
殺さんと思ひたちしは偶然の狂乱よりなりし、されども、の如き悲劇の、くの如き徒爾の狂乱より成りし事を思へば、まがつびの魔力いかに且大ならずや。
鬼心非鬼心:(実聞) (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
神は嘉牟嘉美なり。略して嘉美という。神慮は明鏡の万物を照らすがごとく、一法を捨てず、一を受けざるなり。天にあるは神、万物にあるは霊、人にあるは真心なり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
「落ち穂ぐれえったって。——そんより、医者さでも掛かるようになったら、なんぼ損だかわかんねえべちゃ、つあんはあ!」
山茶花 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
さみだれのならべ降ればに住む我がははや衰へにけり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
けれども債権者の催促が日ましにきびしいので、やむを得ず、すっかり良田を村のという老人に売ってしまった。
珊瑚 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
喬のを天に誤り、※※のを王に誤るが多し。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
名所圖繪をきても、其頃は嶮に、く、少しく意を用ゐざれば、千深谷つるの憂ありしものゝ如くなるを、かに百餘年を隔てたる今日棧橋なく
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
に一の薪となるべきを、幸に者にひて死灰をのがれ、韻客題詠美言をうけたるのみならず、には 椎谷侯じて身を宝庫に安んじ
般若の哲学 これから申し上げるところは、「観自在菩薩般若波羅蜜多をずる時、五は皆空なりと照見して、一切の苦厄したもう」
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
『心経』の最初に「観自在菩薩般若波羅蜜多をずる時、五は皆なりと照見して、一切の苦厄を度したもう」といってありますが、慈悲の権化である菩薩、仏の化身である観音さまも
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
今度はドルシエエル君の指揮のに第二回の決戦が開かれ、に巧妙な突撃と迅速な回避とを交換して第一回にも優る猛烈な戦闘を続けて居る、マス君は右腕に二回迄敵を受けた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
だから」と云つた。今迄日のんだ空気ので、かしてゐた所為で、つて見えた。それが額際何時もの様に蒼白つてゐるに、が少し煮染した。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
かしと如何ばかり長閑けかるらん落花の三ちればぞあらしに吹雪のしろ流石からでうらの麗朗とせしあがり露椽先飼猫のたまきて首玉ゆるものは侍女のお八重とて優子に一れどらずけぬ愛敬片靨れゆゑする目元のしほの莞爾として
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そして、それをまたはう。でも誓言などなされると(って)心元ない、戀人誓言るのはヂョーヴうておましなさるといふゆゑ。
は、さすがに、自分たちのほうの時計わないしい時計だと、いよいよその時計のありがたみをじたわけです。
時計のない村 (新字新仮名) / 小川未明(著)
やがて純次は、清逸の使いふるしの抽出も何もない机の前に坐った。机の上には三分のラムプがホヤの片側を真黒にらして暗く灯っていた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
妄執を生命としては活き、煩悩と云はば云へ、煩悩を筋骨として朕は立つ、おろかや汝、四弘誓願は菩薩の妄執、五時説教は仏陀の煩悩、法蔵が妄執四十八願、観音が煩悩三十三
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
またかれの強で尊大な、いくたびも試錬をへた意志と、このつのってくる倦怠とのあいだの、精根を枯らすような、日ごとにくりかえされる闘争をさえも、ほとんど愛していたことはいた。