“虎視眈々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こしたんたん83.3%
こしたん/\16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だから海底超人の母国は、この宇宙に一つの遊星となって、いまも虎視眈々として、第二の植民をおこなおうとしているかもしれない
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
孤君信長をって虎視眈々な一族がたくさんいた。それが、叔父だの兄弟だの身寄りだのという者だけに、荊棘くのも、敵以上であった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
續いて飛付いたのは、先刻から虎視眈々として、一座をねめ廻して居た石原の利助、縁側へ飛出して、曲者の後ろから欄干を越えようとする前へ
領土擴張慾に燃えつゝ虎視眈々と四隣の形勢をっている彼の前に、それは全く恰好餌食であった。