“業平侯爵”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なりひらこうしゃく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“業平侯爵”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
吉兵衛のことば気になりて開く新聞、岩沼令嬢と業平侯爵なりひらこうしゃくと題せる所をふと読下せば
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
なみさやぐ佐渡さどには、色も定かならぬさき織を着て漁師共のにあらわれ玉いけるが業平侯爵なりひらこうしゃくほど経てかかと小さき靴をはき
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)