“下谷練塀小路”の読み方と例文
読み方割合
したやねりべいこうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下谷練塀小路海保漁村にいて、神田の千葉の道場で撃剣を修業していたらしいが、何か、一身上のことがあって、この一ツ橋家の公用人平岡円四郎の家へ身をかくしていたのであった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こうなると、下谷練塀小路の法外道場は淋れて往く一方。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
下谷練塀小路 法外流剣法道場主
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)