“やかた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤカタ
語句割合
80.0%
屋形11.6%
屋形船2.3%
車蓋1.4%
0.9%
居館0.9%
0.9%
屋方0.5%
家形0.5%
屋形舟0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舌長姥 (時に、うしろ向きに乗出して、獅子頭をめつつあり)老人じゃ、当奥方様も御許され。見惚れるに無理はないわいの。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
近江のお屋形といわれる佐々木六角の一族とも、婚約政策がむすばれた。——で、岐阜城はここ両三年、ほとんど、祝い事で忙しかった。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
奥は秋本荀竜の邸になっているが、前はちょっとした丘で雑草の繁るに任せ、岸近くには枝垂れ柳が二、三本、上り下りの屋形船とともに
顏は煙に咽びながら、眉をめて、空ざまに車蓋を仰いで居りませう。手は下簾を引きちぎつて、降りかゝる火の粉の雨を防がうとしてゐるかも知れませぬ。
地獄変 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
を張った井戸がある。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
兄やの近頃のお生活方だの、御家人どもが争って、宏壮な居館を建てたり、飲んだり遊び明したり、私闘に日を暮したりしている有様をながめると、わしの心は楽しまぬ。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の闇の靜かなるにもなればしや
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
燒け殘りたる築垣の蔭より、屋方の跡をむれば、朱塗中門のみ半殘りて、もる人もなし。嗚呼被官郎黨日頃に誇り恩をにせる者、そも幾百千人の多きぞや。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
西八條の屋方に花見のありし時、人のめにし難く、舞ひ終る一曲の春鶯囀に、ならぬ身のなくも人に知らるゝ身となりては、御室に靜けき春秋しみし身のはるゝ事のみ多かり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
苔で青くなつた石の手水鉢家形の置いてあるのがある庭も、奥のも、静かな静かなものでしたが、店の方には若いお針子が大勢来て居ましたから、絶えず笑ひ声がするのでした。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
釣舟も、猪牙舟も、屋形舟も、これから川へぞめき出る季節である。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
万葉集に『沖つ国知らさむ君が黄染めの棺神の海門渡る』
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)