“マンション”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
75.0%
邸宅25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の慾しいものは、宝石よりもマンションよりも、唯一ふき、そよそよと新鮮に、瑞々しく、曠野の果から吹いて来る朝の軽風である。
(新字新仮名) / 宮本百合子(著)
彼の住居すまいはハルムステッドのラックノーマンションです
邸宅マンションと呼ばれなければ承知しない彼らの家。
字で書いた漫画 (新字新仮名) / 谷譲次(著)