“ぱち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
81.8%
9.1%
9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「正直なところを申上げますと、すみませんが、パイ軍曹どののいうことは、すべてうそぱちでありまして、ソノ……」
地底戦車の怪人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
文代は薄々うすうす明智がいるなんて、うそぱちだと感づいていたけれど、さも気掛りらしく、尋ねて見る。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
蒲團ふとんいたぱちてえなんだよなあ、れとつたはうぢいかるつてよかつぺなほんに
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
うそッぱちだが——お前に対するよりもずッと深入りが出来ると
耽溺 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)