“交際酒”の読み方と例文
読み方割合
つきええざけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一年の間赤い筒袖を着て苦役をする事はより承知の上だが、何も二人で枕を並べて寝てえた訳じゃアなし、交際酒を一盃飲んで居ただけで、何も証拠の無え事を間男わりをやアがッて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)