“だて”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ダテ
語句割合
伊達67.0%
13.2%
12.7%
5.1%
0.5%
0.5%
0.5%
達手0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
深窓な育ちでも、どこか女伊達めいた気風をもって、おそろしく仁義礼智の教えを守って——姿の薄化粧のように、魂も洗おうとした。
岸の、弓形の、その椰子の並木路を、二頭の馬車や、一頭立の潚洒な軽い馬車が、しっきりなしに通っている。めずらしい自動車も通る。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
役者はそちひとりじゃが、うしろにはこの兄がおる。京弥もついておる。それからここにお在での風変りなおじい様も控えておられる。
それは見覚えのある銀座裏の袋小路相違なかった。彼の立っているのは、カフェ・ドラゴンとおとの間にある日本の二階家の屋根だった。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
お才は煙管ポンといて、フヽンと冷笑ひつ「皆ンな大洞さんの賄賂だアネ——あれでも、まア、大事なお客様だ、日本一の松島さんてなこと言つで、おてお置きよ、馬鹿馬鹿しい」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
大牟田家の親戚に当る、しかも大成金のわしといううしろがあれば、彼の野望も満更ら夢とばかりは云えないのだ。
白髪鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
下谷一番しゃでござる。二両で帯買うて
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
達手で自由でい、と私はで思いました。いかにも文明国の、そして自由な新時代の女性としての公平なポーズ(姿態)だと思いました。
女性の不平とよろこび (新字新仮名) / 岡本かの子(著)