“たっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
29.9%
19.5%
9.2%
8.0%
7.5%
5.7%
2.9%
出発2.9%
2.3%
1.7%
1.7%
1.7%
1.1%
出立0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
発散0.6%
発程0.6%
経過0.6%
裁断0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「……けれどてのお言葉ゆえ申上げます。去年の極月はじめでございましたか、長州藩の広岡さまが二日ほどご滞在あそばしました」
日本婦道記:尾花川 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
ナゼそんな処にているのです、ズット奥へお通りなさい。今も婆やを貴嬢の処へ上げてお昼の副食物を伺おうと思っていた処です。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
ですがた一つ悪い事にはあの年にだ女の後を追掛る癖が止みませんから私しは時々年に恥ても少しはむがろうと云いました
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
れが出来なくては大変だとうと、妙な事もあるもので、中津に和蘭のスペルリングの読めるものが一人ある。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
さても斯様な地獄の起りが。く因縁イロハのイの字の。そもや初めと尋ねるならば。文明開化のおと御座る。そこで世界の文明開化の。日進月歩の由来と申せば。科学知識のとい賜物
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
紙入に金を入れて置く、ソレは二か三分か入れてある、入れてあるけれども何時までてもその金のなくなったことがない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
て何か話が無いかとお尋ねならば、仕方がありません、わたくしが少時の間——左様です、十六七の頃に通学した事のある漢学や数学の私塾の有様や、其の頃の雑事や
学生時代 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「どうするものか真赤な顔をして逃げてって了うた、それから直ぐ東京を出発何処へも寄らんでずんずんって来た」
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
人を見る目も出来れば人の価値も信実もわかってくる。阿諛と権謀の周囲で、離れてはじめてとさのわかるのはだけだ。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「だっておつぁん、どうたって。……」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
それから五六日経って、あなたは私共の店へ、後にも先にも、た一度切りおいでなさいましたわね。
青バスの女 (新字新仮名) / 辰野九紫(著)
しかれども余も社交的の人間として時には人為の礼拝堂にい衆とともに神をめともに祈るの快を欲せざるにあらず、教会の危険物たる余はて余の感情を述べ他を勧むるの特権なければ
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
うんや、そうやすやすとはれねえだ。旦那様のいいつけで三原伝内が番するは、敷居もがすこっちゃあねえ。て入るならを殺せ。さあ、すっぱりとえぐらっしゃい。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ヤ細川! 突如出発ので驚いたろう、何急に東京を娘に見せたくなってのう。十日ばかりも居る積じゃったがることばかりだったから三日居て出立った。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
するとお前さん、大将が私の前までおいでなすって、お前にゃた一人の子息じゃったそうだなと、恐入った御挨拶でござえんしょう。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
一、人、古今に通ぜず、聖賢を師とせざれば、則ち鄙夫のみ。書を読み友をとぶは君子の事なり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
落人両人の者は夜分にその艀船に乗り移り、神奈川以東の海岸からる積りに用意した所が、その時には横浜から江戸に来る街道一町か二町目に今の巡査交番所見たようなものがずっとて居て
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
と宗觀も音助もくり致しました。絶え/″\に成っていました新吉はに染った手を突き、耳をて聞いております。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
乾きかけたからは酒臭いいが発散ていました。
(ですがね、貴下、無理にも発程てお帰り遊ばそうとするのは——それはお考えものなんですよ。……ああ、綾さんが見えました。)
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
多方もう十兵衛が来そうなものと何事もせず待ちかくるに、時はしく経過て障子の日晷一尺動けどなお見えず、二尺も移れどなお見えず。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そうなると、頭をよく働かして、たいへん手早く巧者に裁断てしまって、早縫いの競争なのだが、母が見廻りにくると、実に丁寧な縫いかたをしている。
今ならば巡査が居るとか人の家に駈込むとか云うこともあるが、如何して/\騒々しい時だから不意に人の家に入られるものでない、て戸を仕舞
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)