“緇衣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しい50.0%
しえ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おおこれらすべての司祭輩よ! 陛下がこれら緇衣の手より我らを解放せらるる時にずんば、伯爵よ、事みなそのよろしきを得じ。
退けば緇衣香烟茶味、淡然として生を終り、栄国公られ、を賜わり、天子をしてずから神道碑を製するに至らしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
身に緇衣をまとうものが女の事を——あゝ私はとうとう言ってしまいました。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
むかし笠置解脱上人が、栂尾明恵上人を訪ねた事があつた。その折明恵は質素緇衣の下に、婦人の着さうな、の勝つた派手な下着をてゐるので、解脱はそれが気になつて溜らなかつた。