“緇素”の読み方と例文
読み方割合
しそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
椋湖巨椋の池であらう。茶山が波響と小倉附近に遊んだのは、恐くは二人が始て京都に於てを訂した寛政初年の秋であつただらう。同じく舟を椋湖に泛べた緇素とは誰々か。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)