“神道碑”の読み方と例文
読み方割合
しんどうひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
退けば緇衣香烟茶味、淡然として生を終り、栄国公られ、を賜わり、天子をしてずから神道碑を製するに至らしむ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
文学博士重野安繹は、当時の薩州出身の要路者にこびへつらった御用学者であったが、大久保利通のために「神道碑」と称するものを、勅命によって書いている。そのなかには