“重野安繹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しげのやすつぐ80.0%
しげのあんえき20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何人の忘れ置きけん枕元に尾形光琳伝と書ける一葉摺の者あり。三、四十行の短文にして末に、明治三十四年四月文学博士重野安繹撰、と書けり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
尤もその代りとして重野安繹先生が来られたのであるが、やはり水本の方を慕うが上に、東京の見物もしたいという希望もあるので、薩藩人を始め
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
文学博士重野安繹は、当時の薩州出身の要路者にこびへつらった御用学者であったが、大久保利通のために「神道碑」と称するものを、勅命によって書いている。そのなかには