“ぜいぼく”の漢字の書き方と例文
語句割合
筮木100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これより左折暫時ざんじ小柴と悪戦して、山側を東北に回り十丁ばかりで、斑岩の大岩小岩が筮木ぜいぼくを乱したように崩れかかっている急渓谷、これが又四郎谷「信濃、又四郎谷、嘉門次」、やや下方に、ざあ、ざっと水の流るる音、これから上は、残雪の他、水を得られないとて水筒にみたし、一直線にこの急坂を登る。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)