“土瓶敷”の読み方と例文
読み方割合
どびんしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土瓶敷代りにもたびたび使つた。や土瓶のしみが表紙や裏に残月形に重つて染みついてゐた。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
「おや左樣いから、大方何處かで召上がつたらうとはつたけれど、だゞと不可ないから」とひながら、布巾んで、土瓶敷した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「おやそう。り遅いから、おおかたどこかで召上がったろうとは思ったけれど、もしまだだといけないから」と云いながら、布巾の耳をんで、土瓶敷の上におろした。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)