おび)” の例文
打顫ふ手に十行めしを、つと裂きて火鉢に差爇べければ、の急に炎々とるを、可踈しと眺めたる折しも、紙門けてその光にえしは、覚えず気色みつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)