“可踈”の読み方と例文
読み方割合
うとま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
打顫ふ手に十行めしを、つと裂きて火鉢に差爇べければ、の急に炎々とるを、可踈しと眺めたる折しも、紙門けてその光にえしは、覚えず気色みつつ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)