安井夫人やすいふじん
「仲平さんはえらくなりなさるだろう」という評判と同時に、「仲平さんは不男だ」という蔭言が、清武一郷に伝えられている。 仲平の父は日向国宮崎郡清武村に二段八畝ほどの宅地があって、そこに三棟の家を建てて住んでいる。財産としては、宅地を少し離れた …
作品に特徴的な語句
川添かわぞえ 飯炊ままた 怪訝かいが おさ そね あざ なり しのぶ たん なか まさ 坐右ざゆう 天晴あっぱ 媒妁ばいしゃく まき 往反おうへん 暴瀉ぼうしゃ 滄洲そうしゅう 燈火ともしび 片羽かたわ えん 蓬々ほうほう 蔭言かげこと とよ 贔屓びいき ごう 下総しもうさ 下邸しもやしき 不男ぶおとこ 二十はたち 仮屋かりや 仲平ちゅうへい 伝播でんぱ 佐代さよ おもかげ せがれ 内気うちき 劈頭へきとう 加茂かも 匾額へんがく 千菊せんぎく 半夜はんや 半折はんせつ 口吻くちぶり しか 名残なごり 器量きりょう 土手どて 地味じみ 塵芥ちりあくた 壕端ほりばた 売居うりすえ むこ 壻殿むこどの 多勢おおぜい 大字おおあざ 夭折ようせつ 奢侈しゃし きら 定府じょうふ 尉姥じょううば 小字こあざ 居所いどころ おか 庇護ひご まわ 弓削ゆげ 徒士かち 従妹いとこ 恬澹てんたん 恬然てんぜん 手桶ておけ 抱負ほうふ 揶揄やゆ 文治ぶんじ 斎長さいちょう 新造しんぞ 旋渦せんか 時鳥ほととぎす 智慧ちえ 暇乞いとまご たな 棟蔵とうぞう 淑子よしこ 清武きよたけ 渾名あだな 為事しごと 煙草たばこ 熊手くまで 狡獪こうかい 畑打はたう 疱瘡ほうそう