“壕端”の読み方と例文
読み方割合
ほりばた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山下門から日比谷の壕端に沿い、桜田門の前から右へ永田町の木坂をくだり、半蔵門から内廓へはいって将軍家の上覧を経、竹橋門を出て大手前へ。
江戸城の壕端、京洛の郊外、寧楽の寺々、姫路の古城等、数えれば忘れ難い風景が様々眼に浮びます。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
住いは六十五のとき下谷徒士町に移り、六十七のとき一時藩の上邸に入っていて、麹町一丁目半蔵門外の壕端の家を買って移った。策士雲井龍雄と月見をした海嶽楼は、この家の二階である。
安井夫人 (新字新仮名) / 森鴎外(著)