“蔭言”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かげごと88.9%
かげこと11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
始終蔭言ばかり言っていた女房達、りかねて、ちと滝太郎をなめるようにと、ってから帰る母親に告げた事がある。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その人は非常の飲酒家でヒマラヤ山中の土民の中でも余程悪い博徒といったような男で、常に私に対して蔭言をいい、あれは英国の官吏である
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
仲平さんはえらくなりなさるだろう」という評判と同時に、「仲平さんは不男だ」という蔭言が、清武に伝えられている。
安井夫人 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
痘痕があって、片目で、背の低い男ぶりを見ては、「仲平さんは不男だ」と蔭言を言わずにはおかぬからである。
安井夫人 (新字新仮名) / 森鴎外(著)