“蔭身”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かげみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蔭身”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一人の立派なお武家様が、蔭身かげみに添ってあなた様を、お守りなさるでございましょうと、こうあの薬売りの男が云った。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「おお、おれは法月弦之丞様に頼まれて、お千絵様の蔭身かげみに添う万吉という者だ」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)