“おそろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オソロ
語句割合
可恐29.6%
27.9%
26.8%
3.9%
2.8%
可畏2.2%
御揃2.2%
恐怖1.7%
可懼0.6%
可怕0.6%
可怖0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨日一人の叔父が電話で出て来いというから、僕が店から帰りがけに寄ったサ。すると、例の一件ネ、あの話が出て、可恐しい御目玉を
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
閉め切つた小さな黒いの列が兩側につゞくのが、ちやうどしい『ブリュービアドの城』か何かの廊下のやうに見えるのだつた。
それというのが、時節柄暑さのため、しい悪い病が流行って、先に通った辻などという村は、から一面に石灰だらけじゃあるまいか。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
罪あっても罪にむ顔でない、汚れても汚れはせぬ、之に悪人悪女の様に思うては罰が当るとは、殆ど空しい程に思い
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「中学生を相手にするのは何だかしいようです」そう云う彼を先輩はむように眺め
冬日記 (新字新仮名) / 原民喜(著)
明るい波濤可畏しい音をさせて、二人の眼前へ来ては砕けた。白い泡を残して引いて行く砂の上の潮は見る間に乾いた。復た押寄せて来た浪に乗って、多勢の船頭はを出した。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「これは/\、御揃ひで御散歩でらつしやいまするか、オヽ、『黒』さんも御一緒ですか」と、芝生に横臥せる黒犬にまで丁重に敬礼す、是れなん其仁、獣類にまで及べるもの
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
云から待てゐよ必ず忘るゝ事れと憤怒目眥逆立つてたと白眼兩の手をひし/\とりつめしばりし恐怖しさに忠兵衞夫婦は白洲をも打忘れアツと云樣立上りんとするを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
お繁の亡くなった頃は、私もよく行き行きして、墓畔の詩趣をさえ見つけたものだが、一人死に、二人死にするうちに、妙に私は墓参りが苦しく可懼しく成って来た。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
お房も一緒に笑ううちに、逆上せて来たと見えて、母親の鼻といわず、口といわず、目といわず、指を突込もうとした。枕も掻※った。人々は皆な可懼しく思った。には、お房は大声に泣出した。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
然し今でも真夜中にふと眼をますと酒も大略醒めていて、眼の先を児を背負ったお政がぐるぐる廻って遠くなり近くなり遂に暗の中に消えるようなことが時々ある。然し別に可怕しくもない。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
こういう田舎道を歩いて行きながら、深い谷底の方で起る蛙の声を聞くと、妙に私はしつけられるような心持に成る。可怖しい繁殖の声。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
此時はかならず暴風力をそへて粉にたる沙礫のごとき雪をせ、白日も暗夜の如くそのしき事筆帋しがたし。
しき「」は、の身にこそ宿れ
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)