“おそろし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
可恐77.0%
12.2%
可怖2.7%
恐怖2.7%
可怕1.4%
可悪1.4%
1.4%
1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さしも見えざりしの傷の可恐きまでにす血をすに、宮は持たりしハンカチイフを与へてはしめつつ、心も心ならず様子をひて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
悪人を探す為に善人を迄も疑い、見ぬ振をして、聞かぬ様をして偸み、人を見れば盗坊と思えちょうき誡めを職業の虎の巻とし果は疑うにらで
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
しかし貴下は、唯今うけたまわりましたような可怖只中に、よく御辛抱なさいます、実に大胆でおいでなさる。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
言うに言われぬ恐怖さが身内にぎってどうしてもそのまま眠ることが出来ないので、思い切って起上がった。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
一寝入したかと思うと、フト眼がめた、眼が覚めたのではなく可怕い力がの底から手を伸してり起したのである。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それが——後には可悪偉大が、を吹いてって来るか、と身震をするまでに、なってしまった。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さいはんかたなし。かの死骸断離たるは、なだれにうたれて磨断れたる也。
警察のい旦那方の前で、小さくなって何を聞いてもおどおどして自分の思っている事の半分も、口に出せなかった。
(新字新仮名) / 楠田匡介(著)