“驚目駭心”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうもくがいしん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“驚目駭心”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いずれも米国政治家の驚目駭心きょうもくがいしんの種とならぬものはありませぬ。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
……という事が、二十年後の今日に到って、やっと私にだけ解かりかけて参りましたので、今更のように正木先生の頭脳の卓抜、深遠さに驚目駭心きょうもくがいしんさせられているような次第で御座います。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)