“古縄”の読み方と例文
読み方割合
ふるなは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古縄としせば、おどされたるして片足泥田へふみいれしを衆人辴然す。此農業通路なればふべき茶店もなく、半途りて古きに入りてやすらふ。
物置には板戸がはまつてゐて、中には炭俵や薪や古縄などがありました。そこへ六人のイガグリ坊主が入つたのですから、しいこともいこともなく、かへつて面白いばかりです。
先生と生徒 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
古縄としせば、おどされたるして片足泥田へふみいれしを衆人辴然す。此農業通路なればふべき茶店もなく、半途りて古きに入りてやすらふ。