“消息子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうそくし66.7%
さぐり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おじさんは、おしょさんのために、子供たちの琴の譜をさし示す銀の細い、消息子のような棒をつくらせてくれたりした。
ぴかぴか光った長い消息子のようなものを、透明碗の外から中へつきたて、その先についている五本指の触手みたいなものによって、僕のからだをいじるのであった。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)
我々はその美点を観賞し、その醜点を裸にする。苦痛があるところには消息子を入れる。そして一度病苦が明らかになれば、その原因を研究するうちについに薬剤が発見さるる。