日本橋附近にほんばしふきん
日本橋附近は変ってしまったものだ。もはやあのあたりには昔のさまは見出せない。江戸時代はおろか明治時代の面影をもそこにはっきりと思い浮べることは困難だ。 あのさびた掘割の水にももはやあの並蔵の白さはうつらなかった。あれがあるために、あのきたな …
作品に特徴的な語句
ひじ あで ちん つら 核子さなこ おおい しょう たく ひろ つらな こまや みせ なる かみ 彷徨ほうこう すなわ 巴渦うず そばだ よる すみや しわ ほとり 篆字てんじ 老舗しにせ 煉瓦れんが 編輯へんしゅう たもと 艱難かんなん 相応ふさわ かね たら すし 駛走しそう 風靡ふうび しき 零砕れいさい ひな 雑踏ざっとう 菓物くだもの 辺鄙へんぴ 蹂躙じゅうりん たち 残喘ざんぜん 行灯あんどん 千鈞せんきん 巷路こうじ 差支さしつかえ 工面くめん 屈託くったく ねえ おびただ 呼吸いき なかば のぼり つか 余所よそ 低徊ていかい 伝馬てんま しま 一艘いっそう 旧弊きゅうへい 溌剌はつらつ しゃ 一炬いっきょ 次手ついで 欄干らんかん 柘榴ざくろ 松明たいまつ うま ほり あえ 摧残さいざん 提灯ちょうちん かす 招牌かんばん かす かたち