“やう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤウ
語句割合
34.2%
30.6%
夜雨9.9%
6.3%
5.4%
4.5%
3.6%
1.8%
0.9%
0.9%
0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨日千葉びまして、奧樣四五すぐれ見上げられる、うぞしてかと如何にも心配らしくますので
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
これお母様のいふ事も兄様のおつしやる事もお前は合点かないかい、狂気な娘を持つたといふ因果であらうね。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それは唐崎の夜雨といふのは、夜更けて松の葉のこぼれるのが雨の音に似てゐるからの事で、何も雨に濡れなくともいゝのだといふ事なのだ。
皆はな声を合せて叫んだ。博士はそのお礼に氷砂糖のやうな点をつけるのを忘れなかつた。
まはり候へば此廓の火宅を今日しも御放れ候てしき方へ御根引珍敷新枕御羨敷は物かはに殿にはそもじ樣は陰陽を起しにして一ふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
覺えて鹽尻峠も馬に遊ばんと頼み置きて寐に就く温泉にてれを忘れ心よくりたれば夜の明けたるも知らず宿の者に催されてやくに眼を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
も無き流竄の日に白鳥はたゞ侮蔑のふ。
白鳥 (旧字旧仮名) / ステファヌ・マラルメ(著)
〔譯〕凡そ生物は皆る。天生じて地之をふ。人は則ち地の氣の精英なり。吾れ靜坐して以て氣を養ひ、動行して以て體を養ひ、氣と體と相つて以て此の生を養はんと欲す。
印度洋海底有樣精密くはらぬが全面積二千五百※方哩底知れぬが、處々大暗礁海礁つてつて、水深五十米突らぬもあるな。
石器時代遺跡よりは鹿にて作りたる噐具も出づ。魚骨器のに畫きたるは其一例にして、發見地は相模三浦郡久比利貝塚なり。大魚るに在りしか有らん
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
明星のはやがて月の夜となりぬ。ホテルの下に泉あり。清冽の水滾々と湧き、小川をなして流る。甕の婦人来り、牧夫来り、駱駝、首さしのべて月下に飲む。
石器は何石を以ても隨意るを得と云ふものに非ず。土器も亦れのにてもるを得と云ふものにず。且つ石器を造るには夫々の道具有るべく、土器るに於ては之を塲所す。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)