生あらばせいあらば
十一月から病床に横わった光子の容態は、三月になっても殆んど先の見当がつかなかった。三十九度内外の熱が少し静まると、胸の疼痛が来たり、または激しい咳に襲われたりした。咳が少しいいと思うとまた高い熱に悩まされた。また不眠の状態と嗜眠の状態とが交 …
作品に特徴的な語句
日光ひあた ひや あら 如何どう 空虚くうきょ くわ うしろ 紙幣おさつ やく ゆら せん 湿うる ころが おぶ なま ほて から 一間いっけん ふう 引緊ひきし きたな たよ こまね 裸体らたい あたたか 切端せっぱ 疼痛いたみ はい なお にら よみがえ ひと 首肯うなず 食物たべもの あら 重苦おもくる 重湯おもゆ さそ くわ 詰問きつもん やつ もと さわ 西日にしび だま 苛々いらいら ふく から そば 困憊こんぱい とら 喫驚びっくり 咄嗟とっさ 卑下ひげ 其処そこ 先刻さっき はかな へや そば 何時いつ 何処どこ たたず 仰言おっしゃ 二人ふたり 中身なかみ 一寸ちょっと 一人ひとり あわ 水気すいき 気息いき 比喩ひゆ 此度このたび 此処ここ なぐ ほう 手絡てがら 温気うんき みじ 微笑ほほえ あて かが 小母おば 小婢こおんな うち