“譟然”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がやがや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“譟然”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其光のうちに人影がチラチラと見え、家内うちは何だか取込んでいて話声が譟然がやがやと聞える中で、誰だか作さん——私の名だ——作さんが着いた、作さんが
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
あ、たッ、何でい、わーい、という声が譟然がやがやと入違って、友達は皆道草を喰っている中を、私一人は駈脱かけぬけるようにして側視わきみもせずに切々せっせと帰って来る。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)